小学生9才の息子に性教育。低学年で行う6つのメリットが凄い!

シェアする

現在の大学生が初めて性メディアに接した時期をあなたなご存知ですか?なんと男女共に「小学5年生未満」なんですって!!

なのにこれ以上、子供から性に関して逃げていいの?

というわけで9歳の息子に性教育してしまった筆者が、子供に向き合った利点を皆様にお伝えします。悩んでいる保護者の皆様、よかったらご参考下さい!


スポンサーリンク




9歳の息子に性教育をした母

2018年の秋・・9歳だった息子に性について質問された筆者。

誤魔化して逃げたい気持ちを抑え、全て洗いざらい教えたあの日(遠くを見る目・・ww)




【体験談】性教育を息子にしてみた!子供の反応から見る利点が凄いw



上の記事を読んで頂けるとわかるのですが・・海外では低学年から教育する国もある事を知っていた筆者は、ガチで教えましたww

心の中では、早すぎかな?子供がショックを受けるかな?と心配で仕方がなかったですがねw

でも話し終えて感じたのは、一緒に性について向き合った事でより親子の繋がりが深まったなぁという事でした。

それは一体どんなメリットだったのか筆者の体験からお伝えしますね。

スポンサーリンク




低学年に行うメリット6つとは?

9歳で小学3年生でも話はしっかり聞けるし、納得も出来ていました。

何より低学年で話してよかった点は、素直に聞いて納得してくれたという事です。何事も鉄は熱いうちに打て!ですね。

①親への信頼が増す


【出典:http://onew-web.net

性…、子供も際どい話題だと薄々気付きながら親に思い切って聞いています。

なのに親が安易に逃げると、子供の立場もないし、子供を傷つける事にもなる訳です。

だからこそ親は毅然として答えてやるべきと筆者は思っています。

逃げなかった、1人の人間として受け止めてくれた。」息子からはこれに近い言葉を言われました。これが高学年だったらこんなに素直に受け止めれたかな?と考えさせられましたね。

②選ばれた人間だと自信を持たせる


【出典:http://akinori-kanagawa.com

母→「精子は1回発射すると1億〜2億出るんだけど、たった1個しか卵までいけないの。だからね、あなたはその競争を勝ち抜いてきた選ばれた人間なんだよ。」

現代の子供は常に競争に晒され、比較されています。SMAPの「世界の1つだけの花」ではありませんが、お前はONLY ONEなんだよ!とたまには言ってやりたいところですよね。

特に小さい時こそ、親の愛を伝える大切!性の話って、実はその話題にドンピシャなんです。

性とは愛の話です。性=いやらしいから大人の方が卒業しましましょう!

③性病について教えられる


【出典:https://ja.wikipedia.org

先進国の中でも性病が多い日本。大人ですら知識がなく、社会問題になっていますよね。

性病のよくないのは、1人で抱え込んで悩んでしまうことです。その苦しみは半端ない・・。



【性病】郵送検査キッドを体験した結果。病院よりメリットがある理由とは?



素直に聞いてくれる今から、自分の体は自分で守る事を教え性はいい加減な事をしたらしっぺ返しが来るんだ!とう事をインプットししたいですよね。

息子もエイズなど聞いたこともない性病に驚き、でも対処ができることも知って1人ホッとしていましたww

④コンドームの大切さを教えられる


【出典:https://jp.123rf.com

私のママ友は、小さい時から親の仕事でずっと海外生活をしていました。彼女が中1の時、親から「使えという意味ではない。自分の身を守るために持っておきなさい」とコンドームを渡されたそうです。

彼女曰く、いやらしい考えは全くわかず、そうなんだ〜!と背筋がピンとしたとの事。

また、違うママ友の旦那様も中学生の時に父親から渡されたとのこと。

やはり同じで、いやらしさは全く感じず使おうとも思わなかったそうです。しかし、その影響で結婚するまできちんと装着し続けたとのことでした。

息子にもはっきり教えたところ、コンドーム=「いやらしいもの」ではなく「必要なもの」という認識が出来たようですよ。

⑤妊娠・中絶について教えられる


【出典:https://www.zespri-jp.com

突然ですが、2017年の日本の15才未満の妊娠中絶が何人いるかご存知ですか?

実は現代の日本、小学生でも妊娠している子供がいるという事実があります。




【2017年日本全国の中絶件数】
13才未満・・12名(小学生&中1)
13才・・・・・・34名(中1)
14才・・・・・・172名
15才・・・・・・518名



怖いのは、データにはない中絶出来ずに出産した子もいるという事実!

SEXをしてはいけない!なんて言っても無駄です。教えるべきは性知識とその行為の後の責任なのです。

息子はこれを聞いて、男がしっかりしなきゃダメだね!なんて言って私を感動させてくれましたよ。

⑥交配の説明が簡単になる


【出典:http://usammit.com

我が家はネザーランドドワーフという種類のオスウサギを飼っています。ピータラビットと言えば分かりますよね!

ある時このうさぎの起源を子供と一緒に調べていたところ、交配によって出来た事がわかりました。

私は「違う種類のオスの精子をメスの膣に入れて受精させ出来た種類だよ」これだけ説明し、子供も即納得。

性って理科!?勉強にも通じていますから、教えた方が得策だと思いました。

スポンサーリンク




小学生9才の息子に性教育。低学年で行う6つのメリットが凄い!
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする