中学生の性教育が衝撃的。妊娠や避妊&中絶を教えることはタブーか?

シェアする

中学2年生の娘さんが受けた性教育が衝撃的だった・・

内容に驚いたある保護者Aさんのネットの書き込みが話題になりました。

あなたはこれを見てどう思いますか?


スポンサーリンク




凄い現在の中学生の性教育とは?


【出典:http://jonny.tokyo

現在の中学生向けの学習指導要領では、中学校で妊娠や出産について触れるものの、性交については説明しないことになっている。

ただ、2018年8月までに東京都教育委員会が都内の全公立中学校へ実施した性教育の実施状況調査によると、約1割にあたる55校では、指導要領を超える発展的な内容を取り扱っていると回答。

uffingtonpostより引用

近年、子供もスマホを持つ事により情報の収集が早くなっています。

当然、性に関しても昔と比べ知識が豊富。

それに対し、かなり踏み込んだ性教育を実践する中学校も増え始めています!

では冒頭の保護者の娘さんが受けた性教育についてみてみましょう!

①親世代が習った事は当然学ぶ

まず最初に、Aさんの娘さんは妊娠の仕組み、避妊の方法などの基礎知識を教わったようです。

母も見た懐かしい「14歳の母」のDVDを視聴や「13歳で母になったイギリス人の女」の手記の抜粋を読む・・・。

ここまでは親も納得の内容。しかし、その後の教育が衝撃的だったようです。

②未成年で妊娠したら?という議題

なんと!未成年で妊娠した時の対処法をディスカッションさせる(汗)と言うもの!

リアルな中絶のビデオまで見せられた例もあるようです。

・中絶のビデオを見せられたなぁさすがに本物の胎児の遺体はなかったけど、胎児をどうやって破壊するかっていう3D解説や器具があった。あれでドン引きした子は一生恋人を作りたくないって気分悪くなってたよみんながみんな同じ知識量や耐性じゃないんだから思春期の子に少しは気を遣えよと思った

まあ、海外のテレビでは死体や、タバコの害にまつわるグロテスクな画像を見せるのは普通のこと。

しかし元来日本はリアルなものを見せない傾向にあります。

そういった事からも、この保護者が受けた衝撃は日本人共通のものと言えます。

担任「じゃ、今から隣の席の男女1名でペアになってください」

生徒「はーい」

担任「ペアになりましたか?今からあなたたちは高校生の恋人同士です。」

生徒「え〜〜!!」

担任「静かに!男子生徒は彼氏に、女子生徒は彼女になりきってください。

そして彼女が妊娠してお腹の中の子をどうするか話し合ってください。

スタート」

娘さんはこの時点でドン引きし、他の女生徒も困惑していたとの事。

逆に男子生徒は面白がっている子もいたそうです。

さて、娘さんのグループの話あいの結果を見てみましょう。興味深いですよ!


【出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

娘とペアを組んだ男子がお調子者で、開始直後に

「お願いします、堕ろしてください!」と叫んで土下座のパフォーマンス。

「高校で妊娠したって産めないから堕ろす事で話がまとまった」と娘は苦笑い。

最近の性教育はここまで進んでいるのか、と驚いた。

わお!私たち親世代からすると、凄い話ですよね。

でも、この避妊や中絶という可能性を知ると言う事、実はとても大切なのです。

スポンサーリンク




避妊や中絶の知識は大事!

2017年度だけで、人工妊娠中絶をした15歳以下の女性は全国で736人(うち15歳未満は218人)いたそうです。

でもこの数字は少ないのかもしれない・・

知識がなく、産まざるを得なかった未成年の子がかなりいるのが現実なんです。

欧米だとキリスト教の影響もあって、日本以上に禁欲教育
(中絶すると地獄に落ちる的な脅しを含む)的な事をやる所も多いけど
そういう教育方針の所ほど未成年の妊娠が増えるとはっきり統計に出ている
結局禁欲なんて出来ないんだよ、でも避妊法を教えてなければ当然の結果
逆に正しい避妊法を教える方が望まぬ妊娠を減らすにはよっぽど効果がある

性を教えないリスクとして、海外の従順なカトリックの方々の例はよく聞きますよね。きちんと教えない日本も結局同じような事が起きています。

逆に5歳から性を教えるヨーロッパの国々では、こういった間違いが少ないのが現実です。

気になるのが、今後の日本の性教育の進化についてですが・・・

自民の古賀俊昭都議は同16日の文教委員会で、校名や校長名、教員名を挙げ「発達段階を無視」した「不適切な性教育」だと問題視。都教委の宇田剛指導推進担当部長は、性交や避妊、人工妊娠中絶という言葉を使って説明した点に「課題があった」と答弁した。性交の言葉は保健体育の学習指導要領に示されておらず、避妊と人工妊娠中絶は高校で扱う内容だとの認識を示した。

東京新聞より引用

この話、つい最近の2018年に起こった話。日本の性教育を阻んでいるのは、政治家の方々だったって驚きですよね!その他も探せばキリがない、都議や政治家の性教育への介入発言はたくさんあります。

でも16歳になったら結婚できる法律があるんですよ?知らなくてもいいの?

矛盾している日本の性教育が世界水準になるには、まだまだ時間がかかりそうです・・・。

スポンサーリンク




中学生の性教育が衝撃的。妊娠や避妊&中絶を教えることはタブーか?
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする