【W杯ベルギー戦】パンチング川島永嗣→再びミスも凄い事実が判明した結果www

シェアする

サッカーW杯ベルギー戦で大健闘だった日本代表。日本中がわきましたよね!

しかし、そんな中、パンチングでミスをしたGK川島選手がバッシングを受けています。でも凄い事実が判明した結果・・


スポンサーリンク




W杯のベルギー戦でのパンチング川島永嗣ww


【出典:まとめもりー

ロシアW杯・決勝トーナメント1回戦:ベルギー対日本【2−3】

後3分 原口元気🇯🇵
後7分 乾貴士🇯🇵
後24分 フェルトンヘン🇧🇪
後29分 フェライニ🇧🇪
後45+4分 シャドリ🇧🇪

世界ランキング3位のベルギーに底力を見せた日本代表!

後半開始すぐに原口元気選手が、ゴール左にシュートを放ち見事な先制点をあげました。

まずは、前半0-0から迎えた後半の感動的シュートをご覧ください。

その直後、乾貴士選手も強烈なミドルシュートで追加点を挙げ、2-0に!

ベスト8が見えた、その2点目の凄いシュートをご覧ください。

しかしその後、ベルギーに3点を決められ2-3で逆転負けに・・・。

それでも頑張った日本代表に、世界中から賞賛が送られましたよね。

しかし、パンチングミスで1失点を作り出したGK川島選手だけは違ったのです。

後24分にアザールのミドルをナイスパンチングしたが、パンチングミスから結果的にフェルトンヘンのゴールを招いた

前回もパンチングミスがあったこともあり、今回も辛辣な意見が出ています。

それも日本だけでなく、世界中から・・(汗)

この得点には英『BBC』の解説陣もGK川島永嗣のミスであると糾弾。「恐ろしいキーパーのミス」

livedoorより引用

ところが知って知らずか、こんな堂々した答えを返した川島選手。

You Tube画像↓↓↓NHK/試合後インタビュー↓↓↓

まるで自分が戦犯などと思っていない発言・・

そんな川島選手に対して、ネットでは批判が殺到しました。

ポストに当たったシーンもその他の全てのボールを
川島は足が止まって動けなかったか判断反応悪くてギリギリになるプレーをする選手

5ちゃんねるより引用

2、3点目は川島を責めないが、1点目はダメだろ
キャッチすべきところをパンチングで逃げて結果アレだ

他にもパンチングで逃げて傷広げてるところは多かった

5ちゃんねるより引用

皆さん1点目の甘いパンチングによる失点を指摘していましたね。

ドイツ元代表のカーンまで批判していましたからやはり酷いのでしょうが・・実は凄い点もあるんです!

スポンサーリンク




川島永嗣→再びミスも凄い事実が判明した結果www

本当にGK川島永嗣選手は全てが酷かったのか!?

実は・・川島が日本を代表するGKであることは間違いないデータが出ています。


【出典:スポーツナビ

凄い!セーブ率4位じゃないですか!

ではベルギー戦のセーブ率と、他の選手のシュート数を見てみましょう!


【GKのセーブ数】
▪️ベルギーGK:2セーブ
▪️川島選手:5セーブ



お!セーブ率がここでも勝っていますね!

しかし、2点とったものの全体のシュート数はというと・・




シュート数の差】
▪️ベルギー:25
▪️日本:10



シュート数の差が…。川島選手のせいではなく日本代表全体の責任だということがわかりますよね。

実は、コーナーキックの数も倍近く差が出ているんです!

ネットでも、この凄いデータを見て反省する人が多数出るという結果が!

まあ、確かにミスもあったでしょうがそれは他の選手だって一緒のこと!

みなさんもこのデータを見て、少し落ち着いてみませんか?

スポンサーリンク




【W杯ベルギー戦】パンチング川島永嗣→再びミスも凄い事実が判明した結果www
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする