主婦が購入した肉が『ビクンビクン』と動き出したwヤバいぜ、中国w

シェアする

【※動画あり】調理としようとした肉が「ビクン! ビクン!!」と動き出したらあなたはどうしますか?

実際、そんな大変なことが中国で起こり話題になりました!!


スポンサーリンク




事件は中国で・・

【※動画は最後にあります。】

中国山東省のある女性が、朝の8時頃に牛肉の塊を購入します。

そして9時頃、肉を切ろうとしたまさにそのとき! 牛肉が「ビクンッ! ビクンッ!!」と動き、パニックにwwww

驚いた女性は、すぐさま動く肉の動画を撮影して、地元のテレビ局のSNSアカウントに投稿したのでニュースになったのです!!

原因究明1→寄生虫!?

肉が確かに大きく動いていますね!小さくなったり、大きくなったり・・

中に生き物がいるとしか思えません!!

だって、肉塊の表面だけではなく、繊維の深いところが、あちらもこちらもピクピク動いているんですから!!

それともホルモン剤を投与した牛? 疑惑は次々と湧いてきますww

中国ならそれくらいのことあっても不思議ではないと思ってしまうのは私だけではない!?

原因究明2→薬物投与のせい!?

女性が心配していた「動いたのは薬物投与の結果では?」という点については

専門家いわく、長年の経験から薬物投与のため肉がビクビク動くことは考えにくいとのことでした。

いやいや、中国では薬を使いすぎていろんな食べ物がやばくなっていますからね・・

突然変異だって考えられますよね・・・

新鮮な証拠!!

ところがこのテレビ局がこの動画を地元の「動物衛生監督署」の専門家に見せにいきます。

その結果、思わぬ返答が返ってきます!!

「安心してください! この肉はとても新鮮です!!」

「恐らく、屠殺からそう時間が経っていなかったのでしょう。

中枢神経は死んでいても、筋肉周辺や中にある末梢神経が死んでいなかったと考えられる」

なるほど、死んだばかりだったので動いてしまっている。

だから、末梢神経がまだ生きている、イコールこの肉は新鮮である……ということらしいですね!!

スポンサーリンク




新鮮でも出しちゃダメだった

肉の動きはしばらく置いておけば、やがて収まるようです。

もちろん動いた肉でも食用は可

とはいえ、実際にこんなビクンビクンと動く肉に出会ったら、気持ち悪くなるのは当たり前ですよね。

この話題を取り上げた、フジテレビの「とくダネ!」が食肉流通業者から得た回答は下記。

「牛肉を処理して24時間以内なら動く可能性はゼロではないが、

神経系は複雑で、新鮮でも動くことはないのではないか」

中国では、牛肉の出荷は検査や熟成のために処理のあと24~72時間はかけていると言われています。

しかし、動くということは検査をせずにすぐに出荷した可能性が大だということ!!

そして、それ以前に動くなんて可能性は低いということ・・これどう解釈すべきだろうか・・

では動画で確認ください!

↓↓↓動く肉のニュース↓↓↓
You Tube画像

TV局によると、

「この状況は間違いなく恐怖なのですが、

撮影した女性は映像を記録した後にこの肉を食べることにしました」とのことです。

まぁ、ウジを沸かせたチーズをウジごと食べる料理もあることだし・・いやいや、じゃあ騒がないでよwwwって感じですよね。

まだあった動く肉!!

これは中国・広州にある肉屋で撮影されたという動画で、大きな肉の塊が心臓のようにドックンドックンと動いている様子が見られます。

ご覧ください!!

↓↓↓動く肉のニュース↓↓↓
You Tube画像


キモッッッ!!!!

しかし、中国の人からみると・・・

「中国の流通事情を考えれば、これほど新鮮な肉を手に入れられる機会は少なく、

気味の悪さよりも質の良さが勝つ」

いや・・おそらく話題作りのために電気でも流しいるんじゃなか?99%ありえないという専門家の意見もあります。

中国を信じるな!!!!と!!!

しかし、中国の環境汚染のせいで現実には考えられないような突然変異が起こる可能性は否めないですよね(笑)

スポンサーリンク




主婦が購入した肉が『ビクンビクン』と動き出したwヤバいぜ、中国w
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする