荒川拓雄容疑者の殺人未遂罪の代償。短期で怒りっぽい性格は裁判にどう影響するか。

肩がぶつかった事でトラブルになり、持っていた傘で被害者のコメカミを刺し、右目を失明された事件。

荒川拓雄容疑者の短期で怒りっぽい性格との証言も出ています。

この性格、裁判官の裁量にどれだけ影響するのかとどんな罪にになるのか検証してみましょう!


スポンサーリンク




事件の概要

2019年7月4日、東京都品川区の目黒駅近くで起きた傘の先での殺人未遂事件・・。

まずは事件を振り返ってみましょう!

今回の事件はかなり世論が注目していますよね。これは「自分にも起こりうること」と言う恐怖がある事件だからでしょう。

これが自分だったら・・・とぶるっと身震いした方もいらっしゃると思います。

では次に24日に出た最新ニュースはこちら・・・・

東京のJR目黒駅前で会社員の男性が目を刺されて失明した事件で、逮捕された47歳の男が「体が触れて男性とトラブルになった」などと供述していることが分かりました。

 東京・港区の会社員、荒川拓雄容疑者は4日、JR目黒駅前の路上でコンサルティング会社に勤める男性(53)の右目を傘のようなもので刺して殺害しようとした疑いで23日に逮捕されました。その後の捜査関係者への取材で、荒川容疑者が「仕事の帰りに目黒に来た」「被害者の男性と体が触れてトラブルになった」などと話していることが分かりました。警視庁によりますと、荒川容疑者は事件当時、タクシーを待っていた男性とトラブルになっていたことが分かっていて、これまでの取り調べに対して容疑を否認しています。

https://news.tv-asahi.co.jpより引用

とにかくトラブルになった事は本人が自覚しています。

そしてこめかみ刺されると失明すると言う事実。怖いですよね・・。

しかし一体どうして刺してしまう事になったのかもおさらいしておきましょう!

スポンサーリンク




刺した経緯は?


【出典:日テレnews24

現場は東京品川区の目黒駅(目黒区じゃないんですね・・)で起こりました。

雨の日のタクシー乗り場で仕事帰りの被害者男性(55才)と・・・・

「突然、男と肩がぶつかって口論になった」

そして・・・・

「トラブルになった時に傘があたったかもしれない」

あたったかもしれない・・・

被害者の傷の角度コメカミの負傷具合ですぐに解明される事だと思われます。

しかしここまで怪我をさせてしまった容疑者、一体どんな性格なのでしょうか。

スポンサーリンク




性格が短期で有名!?

実は、テレビ局の取材で近隣に住む方がこんな証言をしているんです!

その内容を先に画像でどうぞ。


【出典:日テレnews24


【出典:日テレnews24


【出典:日テレnews24

わわわ・・この証言出来過ぎなくらいこの事件にぴったりですよね!

この画像に書かれている証言を書き出してみると・・・

短期で怒りっぽい感じ。
隣人が引っ越しをしているときに
荷物が荒川容疑者の敷地の中に入って
それで大きな声で怒鳴り上げていた

怒りやすい性格だった・・この証言が裁判でどれだけ影響するのか気になりますよね。

では気が早いですが、もしもこの容疑が正しい場合、どんな罪に問われるのか検証してみましょう!

スポンサーリンク




殺人未遂の代償は?


【出典:日テレnews24

こんな事件の犯人だったら重い刑に!と思うのが人の心。しかし思ったより軽い刑になりそうです。

実は懲役7年以下の判決(執行猶予も含む)がとても多い殺人未遂罪・・。

それに執行猶予が付いて実刑判決を免れる事例も多いのが現実です。

加害者の犯行方法や計画性、加害者自身の供述を基に殺意が認められれば殺人未遂罪が成立され、殺意がないと見なされれば殺人未遂が認められず傷害罪などで判決が下されることになります。

https://keiji-pro.comより引用

とにかく、殺意があったか?と、計画的犯行だったか?で、変更になるカモって事ですね。

事実、2016年に弟をハンマーで殴打事件も殺人未遂罪で逮捕されたものの、傷害罪で懲役3年執行猶予5年の刑が下されています。

では傷害罪はどうなの?と言うと・・・

傷害罪の場合
刑法204条には、「人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」とあります。
たとえ傷害でも最大で15年の懲役を受けることもあります。もっとも、ひとえに傷害と言っても度合いが異なります。

全治一週間の打撲から、生涯の生活へ影響を及ぼすような失明なども同じ傷害として扱われます。ですので、傷害罪で懲役15年の刑を受けるような内容は、被害者が今までどおりの生活を送れないような重大な傷害を負わせてしまった場合が考えられます。

罪の判断材料は、「凶器はなんだったか」「傷の具合」「加害者の犯罪歴」も重要。

知人でもなく殺意も無いと証言している容疑者・・あとは裁判官の判断次第ですが、重い罪にはならない事がわかりますよね。

スポンサーリンク




ネットの声

では最後にネットの声を聞いてみましょう。

ヤフコメ(ヤフーのコメント欄)に書くかたは足が地に着いた企業勤めの方も多いみたいですからね!

みなさん、どう思っているのかと言うと・・・

最近の人はストレスや環境で突発的な人が多い感じがします。明日は我が身だと思います。

yahooより引用

恐ろしい、普通の会社員がこんな事するなんて
被害者は失明したそうです、重罪にして欲しい
防犯カメラの設置は、重要だと思いました

yahooより引用

公共の人が多い場所でのトラブルは、私も目撃や怖い思いをしたことがあります。
バスや電車で移動中に揺れで肩がぶつかった位で、凄い怖い顔されたり異常に怒鳴り声を上げて怒る中年男が多いです。謝っても、そうそう許さないです。
今回の事件も中年男。しかも、たまたま傘が当たったが目の辺りまでいくワケありません。絶対に悪意があります。目潰し狙っていたと思います。

yahooより引用

みなさん、自分の身近で起こりうる事件と認識されていますよね。

一体どんな事がこれから解明されて行くのが、新情報が入り次第追記して行きますね!

スポンサーリンク