【超絶句】妊婦がタバコ吸うと、胎児はこんなにもがき苦しむの!?

シェアする

タバコを吸う妊婦のお腹の中では・・胎児がもがき苦しんでいる!?

ある研究者が、そんな写真を収めることに成功しました!

これはリアルだ・・すぐタバコやめよ〜〜〜!!!


スポンサーリンク




妊婦がタバコ吸うと・・


【出典:http://cocomammy.com/pregnancy/cigarette/

妊婦のタバコも、百害あって一利無しなのはご存じの通り。

でも、どんな風にお腹の赤ちゃんにも悪影響があるかピンときませんが・・

英の研究者が、母の喫煙で胎内の赤ちゃんが変な動きをするという証明写真を公表しました。

普段の胎児の様子

英ダラム大学の研究者が、妊娠24~36週目までの胎児20人のエコーを撮りました。


【出典:http://bazzoo.info/archives/31615?readmore

↑この写真はタバコを吸わない母親のお腹のエコー写真です。

胎児はリラックスしてじっとしている様子がわかりますよね。

胎児がお腹の中で口を動かしたり自分を触ったりするのは最初の時だけ

成長が進み大きくなると、こういった行動は減り落ち着いてくるのです。

ところが、喫煙者の胎児だと・・・・

喫煙する母のお腹の中では・・

この写真は、1日に平均で14本タバコを吸う妊婦の胎児のお腹でも様子です。


【出典:http://bazzoo.info/archives/31615?readmore

なんと!!!!しきりに手を動かし、顔を触っていますね!

タバコを吸う母親の胎児は、
通常よりも口を動かす頻度が著しく多いことがわかった。

もともと胎児は胎内で口を動かしたり自分の体に触れたりするものだが、

普通は出産が近づくにつれて胎児が自分の運動機能を制御できるようになり、
そうした動きは減っていく傾向がある

妊婦の喫煙は胎児の口や手の動きに影響し、中枢神経の発達に欠陥が生じる可能性があるんだそう!

煙が胎児の手や口の動きに及ぼすこうした影響は、

強いストレスを感じている妊婦や、うつ状態にある妊婦の胎児にも見られる。

しかしニコチンにさらされた胎児はより大きな影響が出るようだ。

なんと!ひどいストレスや、うつの症状がある妊婦の胎児よりも深刻とは!!

スポンサーリンク




喫煙すると起こる障害

妊娠中のタバコの害は想像以上!!

妊娠中に母が喫煙すると、母体や赤ちゃんへの血流が減り、低酸素状態に。

これはあるデータ会社が、妊娠中に喫煙していた母から生まれた子どもの追跡調査した話ですが・・

吸っていた期間やタバコの本数によって、

身長と学力の比較調査において、低くなっていることも明らかになった

2500グラム以下で生まれやすく、発育できず誕生するので合併症や感染症などにかかりやすいと!

その結果、脳の発達、発育が妨げられ前述ような症状が出ると考えられています。

また生まれた後の成長においても影響を及ぼしてしまうことになるのです。

怖いですね・・喫煙・・

スポンサーリンク




【超絶句】妊婦がタバコ吸うと、胎児はこんなにもがき苦しむの!?
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする