SMAPのCM使用マリーナベイサンズホテルが倒壊の危機!マジか!

シェアする

韓国のゼネコンが建築したシンガポールの「マリーナベイサンズホテル」が傾いているという衝撃ニュースが!

実は日本のゼネコンが作るのを断った恐ろしい物件だった!(汗)


スポンサーリンク





 

マリーナベイサンズホテルの概要

シンガポールの象徴的存在とも言われる「マリーナベイサンズホテル」。

↓↓マリーナ・ベイに面した総合リゾートホテルで、3つの高層ビルを屋上で連結した構造になっています。

【出典:http://his.com.ph/

↓↓57階建ての最高部「サンズ・スカイパーク」は200mの高さで、そこに位置するプールは、世界一高い所にあるプールと言われていますよね。

【出典:http://www.visitsingapore.com/ja_jp/see-do-singapore/recreation-leisure/viewpoints/marina-bay-sands-skypark.html

その屋上には、空中庭園もあり、シンガポールを一望できる観光名所で、SMAPのSoftBankのCMでも使われました。

シンガポールのホテルスマップ映像
↓↓↓こちら↓↓↓You Tube画像

当時私は、こんなホテルに泊まりたいと憧れましたねww・・

しかし、こんな由緒あるホテルが、なんと傾き始めてしまったらしいんです!

ギョエ〜!57階建てで高さが200mもある建物が傾く、明らかに手抜き工事決定ww

特に、ネット上では韓国製ということで、「やっぱりな」といった反応が多かったようです。

スポンサーリンク




高層ビルが倒れる!?

まずこの話をする前に1つだけ覚えておいていただきたいことがあります。

それは、マリーナベイサンズは最初から傾いた設計だということ!

そして、これからお話しする問題は、「それ以上に傾いてきているという」点。

その証拠に、ネット上で宿泊経験者が「フロアの床が微妙に傾いてて居心地が悪かった」とか、、

このホテルで働いている人が、「いつ崩壊するかわからない。見に来るなら早い方がいい」とか・・これだけ聞いただけでわかる気がしますよね・・マジ怖いっす!!

検証1→【入】という文字に見える設計

↓↓風水を重視し、横から見た時に【入】という文字に見えるように設計されたこのホテル。

【出典:http://sing-navi.net/archives/919

常識的に考えても、この字にこだわったため構造的に無理!だったんです。

韓国もシンガポール同様、地震がない国、地盤は安定していますが・・地震以前の問題ですよね。

上の船以外のホテル部分の建築は、一次で4社が選ばれた中で、なんと、工事入札段階で日本の一流ゼネコンの清水建設とフランスVINCIが辞退!

こんなビックな仕事を断るなんて・・余りの難工事内容だったでしょうね。

ちなみに、設計はカナダの建築家モシェ・シャフディさんですが…何を思いながら設計されたのか・・

検証2→建築会社は韓国のゼネコン

アジアの国では、「公共工事で韓国を使う事が一番のリスク」と思われています。

赤字でも安値受注を受けて実績を伸ばし、その結果、工期の遅れや手抜き工事…という悪循環w

それを知らずに値段が安いと受注した結果、今回のように傾いた建物になってしまった…なんて物件は、マリーナベイサンズホテル以外にもあるそうです・・・

そんな裏事情を知った上で、韓国の双竜建設がこのホテル建設を2つ変事でOKを出したことを聞くとナルホド〜と思いませんか?

検証3→工期前倒し&安値受注

実は韓国の双竜建設、建築を工期前倒しで達成!!

ん?作るだけでも難しいのに、工期前倒しの建築物がちゃんとしているわけがありません。

プール部分も、ほんの数本で支えられている状態・・

とにかく色々設計に無理が多く、最初から心配しだしたらキリが無い欠陥だらけの構造でした。

ですから、マリーナベイサンズが倒壊しても何ら不思議ではないのです。

シンガポールは地震が無い国だし、台風やハリケーンもない・・それでも今、傾いている事実w

しかし、サンヨン建設会長のコメントは自信満々でしたww以下。

「既存の工法を利用するのではなく、

双竜建設の独創的なアイデアで難しい工事を終わらせたため意味もより大きい。

高品質の建築物を早期に建て発注元から数百億ウォンのインセンティブまでもらえることになった。」

でもね・・マリーナベイサンズを建設したサンヨン建設が今では倒産・・誰が直すのか・・

検証4→本当に傾いてるの!?


【出典:http://academic-box.be/archives/10873

↑この上にある、右側の建物は最高52度の傾斜もあるそうです。

イタリアのピサの斜塔は傾斜角5.5度なのでそれの 10倍近くも傾斜があることになります。


【出典:http://tutta-italia.com/tickets/1597.html

↑これより傾いている?!目に見えて傾いているのですから、どれだけ無茶苦茶なのか簡単に想像できますね!

手抜き工事が横行する韓国建築会社の実態

実は、韓国のゼネコン企業が建設した建造物は事故が相次ぐ事でも有名で・・。

日本で騒がれた旭化成ホームズの「横浜マンション問題」…日本は地震があり比較はできないものの、酷さで言えば可愛いものなんです。

韓国内での、手抜き工事による色々な事故の1部を下記ご覧ください!

↓↓韓国のゼネコンが施工したマレーシアのスタジアムでの竣工直後の崩壊事故

【出典:https://matome.naver.jp/odai/2144465591255004401/2144465960259025403

↓↓地震が起こっていないのに、駐車場が陥没

【出典:https://matome.naver.jp/odai/2144465591255004401/2144465960259025403

↓↓聖水大橋(ソンスおおはし)橋が真ん中から崩壊

【出典:https://matome.naver.jp/odai/2144465591255004401/2144465960259025403

↓↓現代デパート三豊百貨店(サムプンひゃっかてん)の天井が落ちてくる

【出典:https://matome.naver.jp/odai/2144465591255004401/2144465960259025403

地震でこうなるなら分かりますが、ただの手抜き工事で崩壊する…きついですよね。

韓国の財閥会社の現代建設ですら、とんでもない手抜き工事を平気でやっており、海外で手がける案件なども手抜きされていて本当に危険ですよね。

しかし、これに慣れた韓国の国民は崩壊くらいでは全く驚かないようで、国の文化の違いに驚きます。

まあ、結局、この建築物が手抜きだったかどうかは歴史が証明してくれることだと思いますが・・

スポンサーリンク




SMAPのCM使用マリーナベイサンズホテルが倒壊の危機!マジか!
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする