長嶋一茂、江角マキコの「バカ息子」落書き騒動を語る。妻は潔白w?

シェアする

昨日、元プロ野球選手の長嶋一茂さんがフジテレビ系「良かれと思って」に出演。

2012年、自宅の壁に「バカ息子」と落書きされた騒動を振り返りました。


スポンサーリンク




長嶋一茂、落書き事件を振り返る

2012年、長嶋さんの自宅の壁に赤いペンキで落書きされた事件。

犯人は、江角マキコさんの元マネージャーでした。

昨日、ある番組でその騒動について聞かれた長嶋さん。

「(会ったのか?との問いに)マネジャーさんでしょ? 
えっ、そのボス? 知らないよ。会ってないよ



弁償とかの話? ならないよ。別に俺、なんとも思ってないから」



「最初、(落書きしたのは明石家)さんまさんだと思ったんだよ。新年早々、
さんまさんがウチまで来て『バカ息子』って書いてくれたと思ったんだよ」

と、ちょっとズレた感想を漏らしていた。

スポーツ報知より引用

へ〜〜!実は根に持ってないなんて、意外に優しいんですね!

でも、もしかしたら・・怒りたくても怒れない事情があるのでは??解説しましょう!

ことの発端

長嶋さんの奥様と江角さんが仲違いした

子供が同じ学校で、幼稚園時代は家族ぐるみで仲が良かった長嶋さんと江角さん。

しかし違うグループにいた二人に問題が起こり、子供が小学校に入学する頃には険悪に…。

そんな中、江角さんの娘を長嶋さんの双子の娘の片方がいじめていたことが発覚!

落ち込む江角さんのに同情したのか・・マネージャーがこんな行動に出ます。

マネージャーが落書き?


【出典:http://pp-trend.com/nagashimakazusige-kakushitu-856

2012年の暮れ、長嶋さんの新築の家に何者かが赤いペンキで「バカ息子」の落書き

長嶋さんはその時、旅行先のハワイで連絡を受けます。

被害届は出したものの犯人はわからず、静かに終わっていくかと思われました。

ところが2年後、この元マネージャーが突然、自分がやったことを暴露するのです!


【出典:1分でわかる芸能界


【出典:1分でわかる芸能界


【出典:1分でわかる芸能界

「また、スプレー代として10万円程度の金をもらったとも話した」

もちろん、江角さん側は否定しますが、大手事務所をやめた彼女を守る人はおらず。

マネージャー自身がリークしたこの情報、江角さんの立場は悪くなる一方…。

その後は続々と出演番組やCMが降板となり、干されていきます。

スポンサーリンク




長嶋の奥さんも悪い??

確かにここまで見てくると、江角さんも悪いですが。。

芸能人の子どもが多く通う青山学院。
長嶋一茂の妻「長嶋仁子」さん。
元ホステス尋常ではない噂話好き
噂話どころか作り話を作って、あたかも「私は芸能界の情報通」ですよ~ってな感じで青山初等部を牛耳ってます。
いつも自分のとりまきの親たちにあることないこと。。。

周りは嫌気が差しているのに、明日は我が身。
自分や自分の子どもがターゲットにされるのが怖くて何も言えません。

せっかく、良い学校に子どもが入学できたのに、迷惑な話です。

1分でわかる芸能界より引用

う〜ん、される方も潔白というわけではなさそうですね・・。

長嶋さんも、こう入った事情を知っているから被害届は出せなかったのかも??

この騒動、早く終わって欲しいのは江角さんだけではないかもですねww

スポンサーリンク




長嶋一茂、江角マキコの「バカ息子」落書き騒動を語る。妻は潔白w?
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする