【目黒5歳女児】東京児童相談所の悪しきプライドのせいで死んだ・・

シェアする

ゆるして・・」義父の虐待に耐え反省文を書いていた結愛ちゃん・・

救えたはずの彼女の命は、東京児童相談所の悪しきプライドのせいで消えたとしたら?


スポンサーリンク




目黒5歳女児死亡事件のおさらい


【出典:FNN

船戸結愛ちゃん(5)…両親の虐待で3月2日に死んでから3ヶ月が経ちましたね。

栄養不足による敗血症で肺炎になり死亡した結愛ちゃん…。

まずはこの子が親に書いた驚きの反省文をご覧下さい。

ママ もうパパとママにいわれなくても しっかりとじぶんから きょうよりかもっと あしたはできるようにするから

もうおねがいゆるして ゆるしてください おねがいします

ほんとうにもうおなじことはしません ゆるしてきのうぜんぜんできなかったことこれまでまいにちやってきたことをなおす

これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだからやめる もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします

もう あしたはぜったいやるんだぞとおもって いっしょうけんめいやる やるぞ

5歳の子がここまで書くとは…どんな酷いことをされたのでしょうか。

まず最初に、虐待した両親と現場画像から見ていきましょう!

両親の顔画像と虐待の現場画像

この家族は昨年まで香川県に住んでおり、虐待はその時から始まっていました。

そして今年1月に東京都目黒区に転居し、さらに虐待がエスカレートするのです。

船戸雄大容疑者(33)と妻の優里容疑者(25)は、2018年1月下旬から3月にかけて、娘の結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)に繰り返し暴行したほか、十分な食事を与えないなどして死亡させた疑いが持たれている。

FNNより引用

↓今年3月、義父雄大容疑者は傷害容疑で逮捕。

結愛ちゃんへの虐待は、平成28年9月に雄大容疑者の実子の長男(1)が誕生したことがきっかけでスタートしたようです。


【出典:FNN

↓そして3ヶ月たった先日、母親である優里容疑者を逮捕。

結愛ちゃんは、優里容疑者の連れ子でした。

見ぬふりをして夫の顔色を伺い、一緒に虐待をしていたんだとか…。


【出典:FNN

そしてこの家族が住んでいたアパートは下の画像です。



この物件の住所⇒ 【目黒5才死亡のアパート】ワイ、大島てるで探してみた・・ww


東京の目黒区でこの住まいだと・・そんなに裕福ではないことが伺われます。


【出典:FNN

この部屋でどんな虐待をされ死んでいったのか…。

調べましたので、確認していきましょう。

結愛ちゃんがされた虐待


【出典:FNN

正直・・鬼畜としかいいようがないですよ(怒)

ご覧下さい!!



【虐待の数々】

①冬にベランダに出され、足の裏にしもやけの痕。
②衰弱しても医師の診察を受けさせない。
③結愛ちゃんは3人とは別の部屋で寝起き。
④自分で目覚まし時計をセット→毎日午前4時ごろに起床、ノートに文字の書き取りや体重の記録を書かされた。
⑤朝食はスープ1杯、昼食も茶わん3分の1程度のご飯に味噌汁をかけたもの程度。
⑥しつけと称し顔を平手でたたく 
⑦風呂場で真水のシャワーを浴びせ、顔を拳で数回殴られた。
⑧「太ってるからモデル体形にする」と食事を制限し、1日1食の日も…。
⑨死の間際、衰弱して嘔吐しても虐待発覚を恐れ放置。




死亡時は2歳児並みの約12キロだったとか・・。

外出はいつも結愛ちゃんを除く3人だけだったことも分かっています。

ところで…東京児童相談所はこの虐待を知っていたのでしょうか?

スポンサーリンク




東京児童相談所の悪しきプライドとは?


【出典:品川児童相談所ホームページ

実は東京児童相談所は、香川児童相談所から虐待を知らされていました。

だからか、今年2月9日に自宅訪問してはいますが・・・。

面会拒否されさっさと帰ったんだとか(汗汗)

面会拒否は危険な兆候。

今回の事件、近所の人が何度も通報していたんですよ!!

そのすぐ後に、結愛ちゃんは死亡したわけですから罪は重いですよね…。

では東京児童相談所はどうしたら良かったのでしょうか?

「児相だけで問題を抱え込んだのが最大の原因。警察と情報共有して対応すれば防げた」

そう!警察にピンポンして貰ったら、ほとんどの人は拒めませんからね!

それなのに東京児童相談所はなぜ独自の道を進むのでしょうか?

それには、こんな理由があるようです。



【東京都児童相談所が警察に通報しない理由】
▪️他機関の関与を嫌う縦割りで閉鎖的体質のため。
▪️児童相談所のメンツが立たないと言う考え。
▪️本質は役人→「今までのやり方を変えたくない」「他機関と一緒にやるのは面倒くさい」




これ…東京児童相談所の悪しきプライドが幼い命を見殺しにしたと言えませんか?

そして、東京都自体もこの対策をする気がゼロ…(汗)

でも、警察と連携して素早く対処できている自治体もあるんですよ。

高知県、愛知県、茨城県では、児童相談所と警察は全件情報共有していまして、連携して活動しています。ですからそのような県では必ず警察が行って、警察が子供を確認する、危ないと思ったらすぐ保護すると。非常に連携とれて子供が守られている所もあるんです。東京は残念ながらそういう状況にないということです。

FNNより引用

地方発信で高知県、愛知県、茨城県の児童相談所の考え方が広まるよう祈るばかりです。

東京の児童相談所さん・・次はないぞ!さてどうする!?

スポンサーリンク




【目黒5歳女児】東京児童相談所の悪しきプライドのせいで死んだ・・
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする