酒鬼薔薇聖斗と母。金儲けのための本出版と有料ブログ開設がエグい…

シェアする

酒鬼薔薇聖斗の母が以前に手記を発表して印税が7000万あったそうです。

しかし、その使途は遺族に一円も払わず…醜悪なものでした!

酒鬼薔薇聖斗の手記の印税、有料ブログ開設と合わせてご覧ください!

スポンサーリンク




酒鬼薔薇聖斗、母の奇行

酒鬼薔薇聖斗ばかりクローズアップされていましたが、彼の母も相当なもの・・。

犯行発覚後、被害者にこの母親からの謝罪はなかったとのこと。

酒鬼薔薇聖斗が憎んでいる、彼の母の奇行を3つご覧ください。

①  被害者宅でたまごっち育てる


【出典:http://rufunet.blog63.fc2.com/category3-1.html

被害者J君が行方不明になった当日、全校みんなで探したそうです。

酒鬼薔薇聖斗の母親も、J君の家に「電話番やってあげる」とあがりここんだとのこと。


【出典:http://topicks.jp/images/634801

そして、置いてあった「たまごっち」でヒヨコを3匹育て「警察まだー?」と他人事。

さらには息子の自慢話を始め、被害者の親戚から「お帰りください。」と言われたそうです。

②  母は本を出版するが・・

母親は「少年A この子を生んで」という著書を出版しています。


【出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/53/a1/59231f2c99c6050c05f670716714bb60.jpg

「印税は1円も受け取らない。全て被害者の補償に充てる。」

と言って本を出版。

しかし、7000万の印税が入ったにも関わらず遺族に1円も払わず…。

そのお金で、四国に豪邸を建てて住んでいます。

裁判所から賠償金を支払い命令を受けたときはこう答えます。

2万円ずつ払います

金額が凄いから払えないという理由でしたが・・

家買わなかったら・・一括で払えたはずですがね(汗)

③  息子の奇行を止めない母

酒鬼薔薇聖斗は母親から、幼少期に大変厳しく育てられ、愛情を感じずに育ったようです。

叱られた時は祖母の家に行き、安らぎを得ていたと。

猫など小さな生き物への残忍な殺害は、その祖母が亡くなった後から始まります。

しかし、見かねた近所の人からの指摘に、母親の対応は逆ギレと言う酷いものでした…。

スポンサーリンク




酒鬼薔薇聖斗の企み

さて、2015年6月11日 酒鬼薔薇聖斗も手記『絶歌』 を出版します。


【出典:http://nowkoko.com/zekka3

本人の手記ということもあり、驚異的なペースで売り上げを伸ばし25万部売れました。

遺族をはじめ、多くの人から出版に批判があったものの拒否した幻冬舎。

最低でも、3000万円〜4000万の印税あったようですね。

手記「絶歌」の印税の一部の約1000万円を慰謝料として差し出したい。

その後、遺族に酒鬼薔薇聖斗からこのように手紙が届きましたが・・

無断で出版した手記の印税…遺族は受け取りませんでした。

ブログのへ年収が1億円!?

その3ヶ月後2015年10月、今度は有料ブログを配信し始めます。


【出典:https://matome.naver.jp/odai/2142759096115933801?&page=3

ブロマガは月額800円で設定。

彼の年収は1億円を超えるとの試算が出ていました。

配信理由

読者と「魂の触角と触角が絡み合うようなやり取り」をしたい

しかし、4日後、運営により凍結されてしまいます。

社会に与えた影響が考慮されたのか、規約違反を理由に運営側がアカウントを凍結したのです。


【出典:https://matome.naver.jp/odai/2142759096115933801?&page=3

本が売れ、自分のニーズがあったことから味をしめての行動だったのでしょうか。

酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)


【出典:https://matome.naver.jp/odai/2146494638290995401/2146494979294638803

▪️1982年 神戸市生まれ。

▪️1997年 神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)を起こし、医療少年院に収容される。

▪️2004年 6年5ヶ月の収容生活を終え社会復帰。

▪️身長165.6cm 体重54.3kg 視力 右0.03 左0.05

▪️逮捕後の調査から性的サディズム
(人や動物を傷つけることで性的快感を得る。10万人に1人と言われている)

スポンサーリンク




酒鬼薔薇聖斗と母。金儲けのための本出版と有料ブログ開設がエグい…
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする