キモッ!交通事故でも死なない強靭グラハムさん。その姿が強烈すぎw

シェアする

交通事故が起きても人類で唯一生き伸びることができる人物「Graham」さん。でも後ろ姿見ただけでもキモくないww!?

でも・・こんな体型になるくらいなら生き延びたくないわww


スポンサーリンク




交通事故に耐えられれる体に進化した人間

交通事故って怖いですよね。

25年前には交通事故死亡が1万人超えよりはかなりマシにはなったとはいえ、今でも日本の交通事故死は毎年4000人を超えます。

交通事故死はまだまだ、どこにいてもつきまとうリスクなんです。

それでは実際に人間が事故死に耐えられるよう進化したら?というテーマで考え出されたのが、架空の人物「Graham(グラハム)」です。

Grahamの全貌

↓↓下の写真が、Grahamさんです。比較的ヒトに近いですが・・全体的にギョッとしてしまうほど特徴的な体つきですねw


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓頭部を横から見ると、首がなく、鼻、耳たぶもなくなって額が大きく突きだしています。

これは、事故の時に最初に激突して怪我をする部分を退化させて、頭全体を守るためです。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓さらに頭蓋骨の断面をご覧ください。間に隙間を挟んだ二重構造になっています。

これは事故による衝撃を吸収するための構造で、脳挫傷にならないようにするためです。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓顔を斜め前から見ると、顔の主なパーツが凹みに入っているのは・・

事故による衝撃から大事なパーツを守るためのくぼみです。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓皮膚の下には脂肪がびっしり。脂肪がクッションの役割を果たし、エネルギーを吸収することが可能になるそうです。

脂肪は敵なイメージでしたが、脂肪にも大切なメリットがあるんですねww


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓前から見る以上に…気持ち悪い…後ろ姿…ですw・・


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓レントゲンで見たら、首の周りを肋骨のような骨がぐるっと取り囲み、頭蓋骨をサポートするような構造になっています。

これは、事故の際に力が集中しがちな首を最初からなくしてしまうことで、怪我のリスクをなくし、神経へのダメージを抑えます。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓胸の周りは、乳房のようなデコボコで覆われていて少しグロテスクですね。どんな意味があるのでしょうか・・


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

スポンサーリンク





↓↓この部分には空気が入るようになっていて、エアバッグと同じ働きをするので、内蔵への衝撃を吸収する仕組みみたいです。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓事故の時、怪我をする確率が高い部位のひとつが「」なんです。なぜなら膝の曲がる角度が1方向ですから、無理な力がかかると折れやすいのです。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓そのため、Grahamの膝の関節はあらゆる方向に曲がるように進化させたようです。これで、歩行時に自動車に衝突されても衝撃をうまく吸収し、怪我をしないで済みます。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓足のスネから下をよく見ると、なんと!ふくらはぎの部分に変なコブがありますねw


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓このコブ、実はここに新たな関節を作ったためにできたもの。

この関節を大きな筋肉で動かすと、てこの原理を応用して大きな力ができ、跳躍力を上げ事故を避けるようになるそうです。

また、弁慶の泣き所に当たっても後ろ向きに関節が曲がるので、骨折のリスクも軽減されるようです


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓また、見た目はあまり変わりありませんが……皮膚そのものも強化タイプに進化。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓内部の構造を大きく変化させることで、皮膚組織を強くして外傷を受けにくくしたようです。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

↓↓この「Graham」は、オーストラリア・メルボルン大学の外科医や、事故調査官、アーティストが共同で作成した作品で、ヴィクトリア州の交通安全キャンペーン「Towards Zero」の一環として製作されたもの。

「人間が事故に耐えられようにになったら」という逆のテーマを見せる事で、事故に対する人間の弱さを細かく分析し、安全な交通を心がけることの大切さを訴えかけることを目的にしています。

設計は科学的な根拠のあるものになっており、下のパンフレットの写真でも解説されています。


【出典:http://gigazine.net/news/20160722-graham/

なお、Grahamの実際のオブジェは、ヴィクトリア州の施設などで目にすることができるとのことですよ。会いたい方は是非立ち寄りくださいねw

では動画をどうぞ

Grahamを製作する意義や、実際の製作風景などが以下のムービーで紹介されています。

↓↓↓こちら↓↓↓You Tube画像

いかがでしたか?

でもね、確かに車には強そうですが、日々の生活は苦労しそうだしグラハム体型にわたしはなりたくないですww

スポンサーリンク




キモッ!交通事故でも死なない強靭グラハムさん。その姿が強烈すぎw
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする