【劇的ビフォーアフター失敗】2100万払ったのに匠の技が酷くて訴訟w

シェアする

所ジョージさんが司会の【劇的ビフォーアフター】、楽しかったですよね!

でもね…実は今まで数々の失敗があり、中には裁判沙汰になっているものもあります。


スポンサーリンク




【劇的ビフォーアフター】おさらい

家族の問題をリフォームで解決しませんか?」がコンセプトのこの番組。

番組で表示している工事費には、「匠」のデザイン料は含んでいません
「匠」に番組の主旨をご理解いただき、ご協力をお願いしています

大改造!!劇的ビフォーアフター よくある質問より引用

無料でも、この番組に出れば自分の能力を世間にアピールできるので嬉しいのです。

↓しかし、そのせいで依頼人にデメリットが生じていました。

注文者にとっては著名な設計者を自己負担なしで利用できるというメリットはあるが、高額な工事費は自己負担であるわけだから、仕上がりはお任せという、ある意味ではリスクのある契約となっている。

http://blogos.com/article/185490/より引用

結構裏では問題が起こっているこの番組…

とうとう訴訟まで発展してしまったケースがあります。

裁判沙汰になった物件

裁判沙汰になったのは、2009年11月に放送された「アキレス腱を切る家」。

依頼者の、中野区でラーメン店を経営する中薗さんが被害を週刊文春で訴えています。


【出典:http://www.yu-ma-blog.com/4671/

依頼人の希望は「段差をなくしてほしい!」というものでした。

さて、どんな流れだったのでしょうか?

どんな家だった??

築48年の中古住宅というだけでなく、ひどい段差だらけの家……。

↓階段の踏み板が狭く、妻が転んでアキレス腱を切ったこともあるとのこと。


【出典:http://like-channel.info/article-cojLnFkm

ひどい差で70センチ!それは、アキレス腱切りますよね…。


【出典:http://livedoor.blogimg.jp/stranonano/imgs/c/0/c06f8f58-s.jpg

↑匠も、ダメ出ししていましたねww

さて、リフォーム代金は高めの2100万円!どんないい家ができるのか!?

before⇄after

しかし完成した家に入って中薗さんはショックを受けることになります。


【出典:DARKNESSHADECRAW



▪️70㎝の段差はそのまま残っていた。

▪️外壁の色が違い、二階の部屋は狭く暗くなっていた。

▪️1階は以前より寒くなってしまった。



さらに段差を増やして生かしておきました!!って?寝ぼけてますか???(汗汗汗)

訴訟を起こすことにした!

依頼人、番組に相談して日本建築検査研究所:岩山健一さんに診断してもらうこと…。

すると、、。

「リフォーム以前の建物より、品質が悪くなっているという点。

基礎、耐力壁、断熱、防火など、あらゆる箇所で瑕疵が見受けられます」

実は、工事前に見せられた手書きの見取り図だけ。

匠と中薗さんが完成までに会ったのはたった2回だけだったんです!

中薗さんはそりゃ怒ってもいいよ!!

スポンサーリンク




今までも揉め事だらけ…

匠と聞いただけで、尊敬の眼差しで見てしましがちですが…。…。

匠というのは、番組が勝手につけた名前で彼らが選ばれしものではないのです。

住む家ではなく…ハウジングの展示会場になってしまうのが現状…。



さらには、匠と連絡が取れなくなった人も!!

一番ひどかったのは、玄関の立て付けが悪くて
ドアがコントのように 道に倒れた時に電話に出なかったのはさすがにキレそうになりましたw

知り合いに施工やってる人がいたから急遽呼んで自分たちで直しましたよw

働くモノニュースより引用



↓また、困って結局売りに出された家も数知れず…。


【出典:https://pinky-media.jp/I0011168



その他、お金が倍かかってしまい番組と建築会社がもめたこともあり…。

…その後、人気番組にも関わらず打ち切りになります。

てんてんてちなみに、番組で匠が作った家に訪問することがたまにありますが…

あれは成功例だからできることらしですよww

スポンサーリンク




【劇的ビフォーアフター失敗】2100万払ったのに匠の技が酷くて訴訟w
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする