ガンや鬱も対象!ほとんどの人が知らない『障害年金』が凄すぎ!

シェアする

がん患者、ウツ、人工透析、リウマチ・・・長期間、お金がかかる重い病気になった時に、あの年金が助けてくれることをご存知でしたか?

これがあるから年金は払ったほうがいいんですよ


スポンサーリンク




『障害年金』はマジ頼れる!

大きな病気をすると長期間かかることもあり、多くのお金が必要になりますよね。

そんな時には生活を支える役割を果たす『障害年金』なるものを、ご存知でしたか?

これ、実はいつも支払っている年金が対応してくれるんですよ!!

知らない人が多い『障害年金』の存在を、ある医師がTwitterで発信し大きな注目を受けました。

重病なら、前払いで貰える年金


【出典:http://twitter.com/Katsumata_Nori

年金と聞くと老人の方々が対象と思いますよね。

実は、がん、糖尿病、リウマチなどの病気でも・・・

日常生活や仕事に大きな支障があり長期療養ならば障害年金を受け取れます。

しかも、働いていても給付される場合もあり年齢は関係ないんですよ!

でも、年金の支払いをしていない人は貰えませんから注意が必要です。

初診から1年半後に貰える


【出典:http://twitter.com/Katsumata_Nori

実は1年6ヶ月待たなくてもいいい場合があります。

例えば、喉頭全摘出はその日から、人工透析療法も透析開始日から3カ月後から。。

また、金額も1級から3級まで等級が分かれ違ってきます。

▪️障害等級1級→活動範囲がベッドの周りに限られる人など。

▪️障害等級2級→活動範囲が病院内や家の中に限られている人など。

▪️障害等級3級→日常生活に支障はないが働き方にかなり制限がある障害の状態。

これね。。国民年金や共済年金加入の方は、1~2級までしかお金はもらえません。

しかし、厚生年金加入者は3級まであるし、3級に満たない時でも障害手当金がもらえます。手厚い!

国民年金<厚生年金


【出典:http://twitter.com/Katsumata_Nori

これを聞くと一見、国民年金の方の方がよく見えますが・・実際は違います。

▪️国民年金加入者で、1級の障害を負い、妻と3人の子供がいる場合

975,125円+224,500円+224,500円+74,800円=1,498,925円(X円)

▪️厚生年金加入者で、1級障害を負い、妻と子供3人がいるサラリーマンの場合

800,000円+224,500円(奥さん分もプラス!)+(X円)=2,523,425円

厚生年金に加入する会社員は『障害基礎年金』➕『障害厚生年金』と上乗せされている!

ちなみに、国民年金は78~140万円程、厚生年金は58~300万円程の年金を受けられます。

これだけの差が出るなら認定が遅れても文句はありませんよね。

障害者手帳はいらない


【出典:http://twitter.com/Katsumata_Nori

1お医者さんにかかった日に公的年金に加入していたか

2一定の保険料納付要件を満たしているか

3現在障害の状態であること

以上3点が満たされていれば、5年遡って請求でき、誰でも障害年金が受給できます

スポンサーリンク




申請時のポイントと注意点

障害年金は遺族年金や老齢年金と違って行政による審査があります。

その時に、医師に「診断書」と、本人の「病歴申立書」書いて貰わねばなりません。

しかし!書き方を知らない身体障害者認定をする機会のないガンの専門医もいます。

また、申請が通らなかった場合、1度通らなかった申請を通すのはかなり難かしい・・。

そんな時は、『特定非営利活動法人 障害年金ネットワーク』のホームページをご覧ください。

年金が老後だけでなく、若い人にも優しいことがわかって頂けたら幸いです。

今は健康で関係ない!という方も、ある日当然起こった時のために事前に覚えておきましょう!

スポンサーリンク




ガンや鬱も対象!ほとんどの人が知らない『障害年金』が凄すぎ!
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする