埼玉・小6死亡…人生が狂った、加害者・被害者親のその後がエグい…

シェアする

コンビニ店員に泣きながら「いじめられている」と訴えた被害者女児。

この少女の自殺によって人生が狂った、加害者・被害者の親、それぞれの事情がエグい・・ww

スポンサーリンク




事件の概要


【出典:TBS

昨年11月、小学生が自殺した事件、いじめと自殺との関連が認定されましたね。

まずは、記事をご覧ください。

埼玉県鶴ヶ島市で昨年11月、市立小6年の女児(当時11歳)が自宅2階から飛び降り自殺したとみられる問題で、第三者委員会「いじめ問題調査審議会」(会長・渡辺祐樹弁護士)は27日、「女児に対するいじめの事実があり、いじめと死亡の関連性はあった」とする調査報告書を浅子藤郎・市教育長に答申した。

報告書によると、女児は5年生の9月頃からクラスの多数の児童に悪口を言われたり、ばい菌扱いされたりするいじめを受け、担任が児童らを指導。6年生のクラス替えで沈静化したように見えたが、同じクラスの女児2人から、筆箱や定規を買わされたり、カラオケの代金や飲食代を払わされたりしていたという。
亡くなる直前の11月15日には、女児2人のうち1人に「自殺したい」と告げると、通話アプリ「LINE」で自殺に追い込むようなやりとりがあった。同日にはまた、コンビニでお菓子などを買わされ、店員に「いじめられている。意地悪をされている」と泣きながら話したという。

YOMIURI ONLINEより引用

被害者が加害者に対し、「自殺したい」と話した2日後に死亡しているのが何よりの証拠…。

そして、学校側は以下画像に書かれていることを主張したようですが・・


【出典:ママスタジオ

しかし、被害者は5年生の時にもいじめを受けていましたからね・・。

把握できていたとは言い難く、「学校に責任が認められる」と指摘され終了ww

さて、ネットでは被害者の話が多いですが・・今回は女児死亡後の、加害者、被害者家族の悲惨な姿に迫ろうと思います。

 

スポンサーリンク




加害者・被害者親のその後がエグい…

自殺・・その後に起こったエグいエピソードがそれぞれにあるようです。

ご覧ください。

加害者の親?→ネットとの戦い


【出典:girlschannel

ネットでは、あちこちで加害者2名の名前や顔写真がアップされたようです。

しかし・・

この事件ですごいのは情報隠蔽
ネットでの加害者の実名とか写真を載せているところを
片っ端しから削除しまくり行動が早い
そのくせ事件の続報が遅い

ママ★スタジアムより引用

やっぱり削除されたか
まだ監視してるんだね

ママ★スタジアムより引用

加害者の写真や名前が出ると即削除、常に見張っている誰がいるようです。

下記のサイトを見ると、その様子がよくわかります。

「ぴよぴよ」と書かれているところが削除されたコメントです。



ママ★スタジアム



小学生ですから守リたい気持ちもわかります。

しかし、下記、加害者が楽しく生きている様子を聞いてしまうと・・(汗)

Googleで検索したらスノウで加工された加害者二人の写真出てきたよ。
気取ったアングルで。許せない。

ママ★スタジアムより引用

また、削除してもキャッシュやアーカイブで残りますしね・・。

既に、加害者が進学する中学校名も出ており、他の情報も時間の問題かもしれません。

被害者家族→自宅が大島てる物件に!?


【出典:いい引っ越し

埼玉県鶴ケ島市の住宅を訪れた小学校の教諭から「女の子の呼吸と意識がない」と119番通報があった。女児はこの家に住む小学6年生で、約10分後に消防が到着したが既に死亡していた。

産経ニュースより引用

現場は、東武東上線鶴ケ島駅から北に約500メートルの住宅街。

女児は17年11月17日、自宅敷地内で飛び降り自殺、頭などから血を流し死亡しています。

被害者が自殺した実家の写真をご覧ください。


【出典:TBS


【出典:TBS

そして気になる大島てるのサイトに・・被害者の自宅はすでに登録されていました。

コレ…ご家族の方にとって、売却という話になると致命的ですよね。




今回の自殺物件の地図大島てる(埼玉県鶴ヶ島市五味ヶ谷)




バッチリ住所まで出ていますからね・・(汗汗汗)

大島てるが何かわからない?という方はこちら参照ください。




大島てるの説明【大島てる2回目】座間9人殺人事件のアパートは恐怖の館だった…



このサイトのすごい点は、誰かが自殺物件をアップした後、必ず、大島てるサイドが事実の確認をとることです。

ああ、被害者なのに・・大変なことが増えて本当にお気の毒ですね・・。

そして、今回、被害者の両親が全く出てこないのはなぜなのか・・その点も不思議です。

またいろいろわかり次第、追記していきます!
 

スポンサーリンク




埼玉・小6死亡…人生が狂った、加害者・被害者親のその後がエグい…
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする