自殺誘導ゲーム『青い鯨』で130人が死んだ…犯人の目的が酷かった…。

シェアする

今ロシアで130人の若者が自殺した事をご存知でしたか?その原因はSNSゲームでした。

逮捕した首謀者を調べると…許せない理由が明らかになっていきます。

一体それはどんな事でしょうか?


スポンサーリンク




若者の自殺者130人超え…

2015年クリスマス、まだ12歳だったアンジェリーナさんが14階から飛び降り自殺しました。

この少女は、『フコンタクテ(青い鯨)』というSNS内のゲームをしていた事が判明。

実はこのゲーム、ロシア全土で2015年11月から5ヶ月間で若者130名を自殺させました。

気になる被害者たちの家庭環境は、生活環境に問題なく裕福な家庭

そんな子達を洗脳し操作した『青い鯨』、一体どんなゲームなのでしょうか?

ゲームのシナリオ→「リナのようになるまで追いつめろ」

2015年11月、17歳の少女リナがSNSに自撮りを投稿後、線路に飛び降りて自殺

首がなくなってしまった無残な姿までがインターネットに掲載される事件となりました。

その直後に、この自殺誘発ゲーム「青い鯨」が始まりました。

スローガン→「リナのようになるまで追い込む」

ゲームのシンボルとして彼女の写真も合わせて使われました。

1→ゲームの始まり

容疑者は「なんでも起こりえる場所」と題した「プライベートコミュニティ」を作りました。

「ゲームの始まりだ。課題をこなす必要がしましょう。

まずは自己紹介をして、自分のことを話してください。

コミュニケーションをしまそう」

と語りかけ、ゲームはスタートします。

2→毎日の課題

毎日の課題を与えますが・・これがおぞましすぎ・・。

・「一日中ホラー映画を見ること」

・「朝は4時20分に起きること」

・「指定された特定の音楽だけを聴く」

↓こんなメッセージがくるのでやらざるを経ません。

「住所はわかっているので、

実行しなかった場合は家に行き、君と家族に危害を加える」

命令に従わないと大変なことになる」と洗脳されていきます。

3→体にナイフで鯨を切りきざむ!

次に「腕と足にナイフなどでクジラの形を刻む」など、痛みを伴う指令も出てきます。

行動に移すとは…ゲームマスターの言葉が絶体!になってしまっていますね。

4→「50日目に自殺する」

最後の指令が「50日目に自殺する」というもの。

例えば、一緒にマンションから飛び降りたこの2人。

↓自殺したユリアさんの両腕には、刃物で自分で刻んだ複数の言葉が彫られていました。

SNSに大きな青い鯨の画像と共に「END」と書き残す。

↓また、彼女の友人であるヴェロニカも同様に「感覚は失われた……終わりね」と最期に投稿。

このように50日目に130人の若者を確実に死に導くとは。。驚きです。

スポンサーリンク




犯人逮捕

今の所、身柄を拘束されているのは主犯格のフィリップ・プデイキン容疑者(21)のみ。

SNSで未成年に自殺教唆した罪で起訴されています。

しかし死を美化する演出に多くの人間も参加していたようで、これから逮捕されていくでしょう。

ブデイキン容疑者

ブデイキン容疑者は、学校に友達はおらず、仕事で忙しい母親からはネグレクト。

「彼は友達とは仲が悪く、勉強もうまくいっていなかったので、

授業の後はずっとオンラインでネットをして過ごしていました。

誰ともつながりを感じていなかった容疑者が、

突然他人の人生や意志を操作できると感じてしまったのです

合わせてゲーム理論などに精通しており、洗脳する狡知も持ち合わせていたのです。

プデイキン容疑者の主張

若者をゴミ扱い・・

「5年間ほど計画した後、2013年にゲームを開始しました。

通常の人と、生物学的なゴミを区別する必要がありました。

僕はゴミのない社会を作ってたんです。彼らは死にたがっていました」

また、声は5年間をかけて練られた計画で「睡眠を奪うことは不可欠」だったと。

「必要不可欠なのは、青少年を夜に眠らせないこと。

精神的に影響されやすくなるから。

意外にもそれは流行してしまって、他にも邪魔な模倣者が出てきたんですよ」

他者と接点がない生活から、他人の人生の中心人物になった容疑者。

しかし・・こんな行動に出た理由は下らない事のためでした。

犯行理由は「広告収入」だった?

彼は、2013年から2016年の3年間で、少なくとも8つの不適切なグループをSNSに作成していました。

これどういう事かわかりますか?

実は、欲しかったのはネットの「アクセス数」、目的は金儲けだったのです。

(VK(ロシアのSNS)でアクセス数を集めると報酬が出るからです。)

こういったケースが多発し、2017年3月イギリス政府がGoogleを呼び出すまでに発展するのです。

しかし、他人の広告収入のために自殺してしまうことになるなんて…馬鹿馬鹿しくて腹が立ってきますね!

スポンサーリンク




自殺誘導ゲーム『青い鯨』で130人が死んだ…犯人の目的が酷かった…。
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする