【驚愕】オウム真理教13人の死刑囚→7人が同時死刑執行された場所とは?

シェアする

平成7年5月、麻原死刑囚の逮捕から23年。長かったですね・・

今朝、上川陽子法相が13人の死刑囚にうち、7名の同時死刑執行の指示を出しました。

では今回の思い切った死刑執行、誰がどこで行われたかおさらいしましょう。


スポンサーリンク




オウム真理教13人の死刑囚から死刑者が!

松本死刑囚は、13人が死亡して6,300人以上が負傷した1995年の地下鉄サリン事件や、松本サリン事件のほか、坂本弁護士一家殺害事件など、13の事件でいずれも犯行を首謀したとして、殺人などの罪の問われ、2006年9月に最高裁で死刑が確定した。

オウム真理教の一連の事件、松本死刑囚を含めて、あわせて13人の死刑が確定している。
FNNより引用

2004年の一審判決以降、姿を見せなかった松本死刑囚を合わせ・・

東京拘置所にいたオウム真理教の13人の死刑囚たち。


【出典:コジテク

今年3月、内7人の死刑囚だけ別の拘置所に移送されました。

死刑が近いのでは?と囁かれ、井上死刑囚もショックを受けていたとか・・。


【出典:TBS

そしてそれから約4ヶ月たった本日朝、一気に上画像の7名が死刑執行・・。

昼には、上川法相がわざわざ記者会見をする騒ぎでしたよね。


【出典:TBS

世論の反応を考慮してか、「鏡を磨いて磨いて磨いて思案した結果の死刑執行」と慎重な発言を崩さなかった上川法相。

しかしネットの反応はよくやった!これでも遅すぎた!が大半で支持されていましたね。

では今回の思い切った死刑執行、誰がどこで行われたかおさらいしましょう!

スポンサーリンク




【驚愕】7人が死刑執行された場所とは?

【東京拘置所】→死刑執行3名(残り3名に!)


【出典:TBS

松本智津夫死刑囚、土谷正実死刑囚、遠藤誠一死刑囚、端本悟死刑囚、豊田亨死刑囚、廣瀬健一死刑囚の6名が収監。


【出典:毎日新聞

松本、土谷、遠藤の3人が本日2018年7月6日早朝に死刑執行。

端本、豊田、廣瀬の3名の死刑執行は今の所なし。

【大阪拘置所】→死刑執行2名(0名に!)


【出典:TBS

→井上嘉浩死刑囚(左)と新実智光死刑囚の2名が移送された。


【左の井上嘉浩死刑囚:出典:zakzak】【右の新実智光死刑囚:出典:毎日新聞

本日2018年7月6日早朝に2名ともに死刑執行

【広島拘置所】→死刑執行1名(0名に!)


【出典:まつじいのブログ

→中川死刑囚・1名が移送。


【出典:毎日新聞

本日2018年7月6日早朝に死刑執行

【福岡拘置所】→死刑執行1名(0名に!)


【出典:旧聞since2009

→早川紀代秀死刑囚・1名が移送された。


【出典:naver

本日2018年7月6日早朝に死刑執行された。

番外編:【仙台拘置所】→死刑執行なし(残り1名に!)


【出典:naverまとめ

→林泰男死刑囚・1名が移送された。


【出典:毎日新聞

死刑執行は今の所なし

番外編:【名古屋拘置所】→死刑執行なし(残り2名に!)


【出典:探偵ファイル

→岡崎一明死刑囚と横山真人死刑囚の2名が移送された。


【出典:毎日新聞

死刑執行は今の所なし

いかがでしたか?

以上、計13名の所在がこれでよくわかりましたよね。

それにしても・・7人同時とは思いっきりましたよね・・(汗汗汗)

スポンサーリンク




【驚愕】オウム真理教13人の死刑囚→7人が同時死刑執行された場所とは?
この記事をお届けした
じゅんじゅんトレンドメディアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする